TOP
お医者様の声
事業概要
健康食品企画・製造・開発
AHCCとは
AHCC研究沿革
AHCC研究会
AHCCの基礎と臨床
【NEW】イムノゴールドSS
【NEW】イムノエース
D-12
CS-82
リスクチェッカー
お問い合わせ
会社概要
サイトマップ

イムノアシストD-12

D-12は、腫瘍免疫の専門医と共同研究により開発された、日本初のドクター・デザイン免疫基礎食品です。ハーブ系多糖類、アミノ酸複合体、微量元素セレニウムなどの成分が特殊な処理のもと、バランス良く配合されています。

■ 開発者からのメッセージ

キノコ系食品が免疫細胞を刺激し、がんに対する免疫力を高めることは良く知られています。ところが、キノコ系食品を用い免疫治療を行っていくと、当初高められた免疫力が、治療後三ヶ月頃までに低下してしまう症状をしばしば経験します。これは、がんの進行やキノコ系食品による継続的なリンパ球刺激によって酸化リンパ球が増加し、その結果、抗がん作用を持つサイトカイン(インターロイキン12やインターフェロン・ガンマなど)の産生量が減少してしまうことに起因すると考えられます。

D-12
D-12はその含有成分であるハーブ由来の多糖類や還元型グルタチオンの持つ強い抗酸化力でリンパ球の酸化を防いで還元状態を維持することにより、リンパ球の機能低下を防ぎます。また、抗がん性サイトカインの素材となるアミノ酸の配合により、抗がん性サイトカインの長期産生と維持を可能にしています。さらに、これまでの治療経験より、化学療法の副作用を軽減し、患者のQOLを高める効果も認められます。

免疫細胞へ素材提供し、細胞レベルの環境維持・改善に働くD-12は、キノコ系食品によって高められた免疫力を相乗的に向上させる理想的な免疫調整型サプリメントと言えます。

■AHCC関連情報

AHCCとは

イムノエース

イムノゴールド